コレステロール値や中性脂肪が高い方は納豆や青魚がお勧め

健康診断の時期になると検診の結果が気になりますよね。コレステロール値や中性脂肪値が高いと脂質異常値の可能性があるわけですね。脂質の値が高いとどうなるか知っていますか?

コレステロール値や中性脂肪が高いと動脈硬化になり最悪の場合は、心筋梗塞や脳梗塞になる可能性があります。これらの値が高い人は、これからの事を考えてしっかりと対策をする事がとても重要になってきます。

そのため、食事内容を変えていかない事には数値を改善する事は非常に難しいです。ちなみに、脂質の取り過ぎなので食生活が悪い事が考えられるので血糖値も一緒に悪い可能性が高いです。

そのため、脂質だけでなく糖質の取り過ぎにも注意する必要があります。では、食事内容を改善する事を忘れてはいけません。

どのように食事内容を改善していくかは、色々な方法がありますが、今回は納豆と青魚について解説していきます。

青魚のEPAとDHAが悪玉コレステロールをやっつける

青魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)がかなり多く含まれています。この2つは、多価不飽和脂肪酸です。

これらの2つの成分には、血液中の中性脂肪を減らしたり、善玉コレステロールを増やす働きがあると言われています。そのため、血液をサラサラにすると言われており、サプリメントにも多く含まれている事が多いです。

ただ、摂取するときに注意してほしいのが非常に酸化しやすい成分なので抗酸化力が高い成分と一緒に摂取する事がとても重要になってきます。ビタミンCやカロテン、ポリフェノールなどの抗酸化作用が強い物を一緒に食べましょう。

納豆が血栓を溶かす

納豆は発酵食品なのでとても体にいいと言われていますが、今注目されているのは、ナットウキナーゼという成分です。

このナットウキナーゼには、血栓を溶かす作用があり血栓ができる事で心筋梗塞や脳梗塞の原因になっているのでとても重要な成分なんです。

また、納豆を食べてから食後2~3時間が目安になっています。

最近では血液をサラサラにするサプリメントも販売されておりナットウキナーゼに加えてDHAとEPAの両方が配合されており、酸化を防ぐにために鮭に含まれているアスタキサンチンが一緒に配合されています。

参考サイト:コレステロールを下げるサプリ

サプリメントを一応紹介していますが、サプリメントに頼り過ぎないでしっかり食事を改善しない事には数値がよくならないので注意してください。あくまでもサポートという考え方が重要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です